フレンチルーレット

多くの国で忘れられていたフレンチルーレットは、かつて世界中に広まり、他のすべてのタイプのルーレットの祖先になりました。
ルーレットホイールには37個の番号があります。つまり、ゼロセルは1つだけです。また、カジノのルーレットテーブルでの試合中は、色違いの「おもしろい」チップを使うのが通例で、アメリカではいつもスタンダードタイプのチップが使われています。
上記の比較から、フランスのルーレットは、最も重要なこと、つまりホイール上のゼロセルの数において、実際のヨーロッパ、つまり英語と変わらないということになります。これは、1つのゼロセクター(シングルゼロルーレット)を備えたゲームです。しかし、フレンチルーレットの競技場は他のすべてのものとは多少異なります。
ゲームテーブルの碑文は標準ですが、もちろんフランス語で書かれていることに注意してください。ただし、他の地域のカジノのテーブルでは、フィールドにフランス語の単語がマークされていることがよくあります。数字の正方形の領域は、次の単語が含まれるフィールドで囲まれています:
1)パス/マンク-大/小;
2)ペア/障害-偶数/奇数;
3)ノワール/ルージュ-黒/赤。
通常、最後の2つの碑文は、対応する色のダイヤモンドに配置されます。
特別ルールについては、フレンチルーレットでは「エンプリズン」と並んで「ラパルタージュ」(文字通り「ディビジョン」)と呼ばれるものも使われています。これは「EnPrison」ルールにいくぶん似ており、アメリカの「Surrender」ルールを正確に繰り返しています。これは、ゼロの場合、プレーヤーは「等しいチャンス」の賭けの半分を失うことを意味します。
フレンチルーレットホイールは2つの大きなセクターに分割され、それぞれに同数のセルと特別な配置があります。
ゼロの右側のセクターには、32から10までランダムに分布した数値が含まれ、そのうち9つの黒い小さい数値(2、4、6、8、10、11、13、15、17)と9つの赤い大きい数値(19、 21、23、25、27、30、32、34、36)。
ゼロの左側のセクター(26から5までの数字)には、9つの黒いメジャー番号(20、22、24、26、28、29.31、33、35)と9つの赤いマイナー番号(1、3、5、7、9)が含まれています。 12、14、16、18)。
番号の配置は、「Voisins du Zero」(意味のある翻訳:「Neighbors of zero」)、「Tier du Cylindre」(意味のある翻訳:「3分の1の車輪」)、「Orphelins」という名前で3つのセクターを区別できるようにする別の区分があるようになっています。 (意味のある翻訳:「孤児」)。 Voisins du Zeroセクターには、22、18、29、7、28、12、35、3、26、0、32、15、19、4、21、2、25の12の連続した番号が含まれています。 Cylindre “には27、13、36、11、30、8、23、10、5、24、16、33の数字が含まれています。最後の残りのセクター-” Orphelins “-には残りの8つの数字が含まれています:17、34、6、1、20 、14、31、9。
口頭での賭けは、これら3つのセクターで行われます。他のすべてのタイプのルーレットゲームで受け入れられる通常の賭けは、次のように名前が付けられます。
1)1つの番号-en plein;
2)2つの数字-cheval;
3)3つの数字-横断プレイン;
4)4つの数字-en carre;
5)6つの数字-sixainne;
6)列はコロンです(したがって、このレートは別の方法で列と呼ばれます)。
7)ダース-ドゥザイン。
偶数オッズの賭けは、これらの賭けが行われるフィールドと同じ名前を持っています:黒/赤-ノワール/ルージュ、偶数/奇数-ペア/障害、大/小-マンク/パス。